明日着る服を前の日に用意しておく7つのメリット


unnamed

明日着る服を前日の夜に用意しておく習慣をつけると7つのメリットがあると僕は考えています。
是非有意義な人生を過ごす為にあなたも実践してみてください。

・朝の時間が増える
前の日の晩に服を用意しておくと、その分朝の時間が数分~5分程度短縮できるので時間に余裕を持つことができます。
女性であればコーディネートも悩むことがあると思うのでもっと短縮できる時間は増えるんじゃないでしょうか。
時間ができるということはその時間を他に充てることができるということ、睡眠時間を増やすもいい、コーヒーでくつろぐもいい。

・1日の有限な思考力を温存する。
人間は1日に判断できる回数が有限だと言われています。また集中して物事を考えるにはできるだけ1日の前半に無駄な思考をしないようにして思考力を温存した方がよいです。大事な思考力を毎日の服選びで浪費するなんて無駄でしかありません。

・次の日をイメージして寝られる
服を選ぶということは、次の日に何があるのか?誰と会うのかをきちんと考え、イメージするということです。自然と次の日の重要なイベントについてシミュレーションをすることになり、きっと明日のイベントは上手くいくようになります。

・コーディネートの失敗を防げる
服のコーディネートは選んでいるときはいいと思っても、いざ家を出てみると失敗したなーって感じることもあるのではないでしょうか。前の日の晩に用意しておけば、明日の朝再確認するチャンスがあるのでコーディネートの失敗を最小限に抑えることができます。

・朝のストレスを軽減できる。
忙しい朝に服選びで悩むと気付かずストレスを感じています。気分の良いスタートダッシュを切る為に朝の悩みは最小限にした方がよいです。

・不測の事態を回避できる。
服にシミが付いていたとか、トラブルがあって予定より早く家を出ないといけなくなったなどの不測の事態があっても前日の晩に服を用意しておけばより適切に対処が可能になります。

・寝る前のルーチンを作ることで寝つきやすくなる。
寝る前に毎日習慣化された行動を取ることによって、服の準備をすると体が寝る時間だと認識するようになり、寝付きがよくなります。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*