タイトルは釣りでも何でもなく、誰でも知っている至極当たり前の事なのでこの記事は率直に言ってしまうとただの愚痴。
それでも、この当たり前のことにまだ気づいていない人には具体的事例として少しは参考になるのではないかと思う。

日本の法律では会社は社員を簡単に解雇できない。
このことが日本のブラック労働環境に少なからず拍車をかけていることを
認識してくれる人が増え、日本でも簡単に無能を解雇できる社会になり
日本がホワイトな労働環境に移行していくことを切に願っている。

前提条件が分からないと変な誤解を生む可能性もあるので簡単にこれから話す職場について
説明する。

僕が管轄しているX事業部について(管轄者である僕を除く)
・社員は現在4人、全員20代女性、仕事は事務職
・社員3人だったが一人が数ヶ月前から産休・育休に入る為A子が採用となった。
・仕事が終わったら定時(18時)でなくても17時以降帰宅できる(電話受付時間内は不可)
・残業は平均月3~5時間程度(偏りがある)
・事業部目標はあるが人事評価、個人目標なし、年功序列(在籍期間比例給料)
・有給100%消化を目指しているが、人数が少ない為苦戦中
・財務状況を事業部内で透明化、僕が無駄に経費を使っていることもバレてる?(笑)
・事業部内に就業規則のコピーを設置して誰でも読めるようにしている。
・サービスの性質上お客様からの電話は頻繁に鳴る。
・僕は事業部管轄として1日3,4回顔を出す程度

ここ2年くらいでかなりホワイトな職場環境にしたと思う。
事業部の売上増が、社員の給与や賞与に直接反映することもみんな分かっているので
社員も事業部の売上を上げることに貪欲で、事業部の売上を上げることをみんなが
考えて働くようになった。

そんな状況で産休・育休に入る子の代わりに入社して来たA子。

パキパキしているし頭も良さそうに見えた。
パソコンの操作にも慣れていて仕事も早いように感じる。

A子は入社後すぐに仕事を手早く終わらせ7時間労働で帰宅するようになった。

僕はX事業部を管轄しているが、専属ではなくX事業部内で仕事をしているわけでも
ないので仕事ができるワークライフバランス重視がちょっと極端な子なのかなくらい
にしか感じていなかったが、2,3ヶ月していくうちにどうやら僕の認識が間違っていた
ことが分かってくる。

仕事を頼もうとすると、17時からプライベートの予定があるからと断られる。
(※仕事が終われば17時に帰ることもできるが18時までは就業時間)

他の社員の残業が増えているようだったので聞いてみると、A子は電話が苦手
だから出ない、電話に出ないから仕事が早い、他の子はA子の分電話で手が取られる
ことが増え電話対応が増える、作業が中断されることが多くなるから作業が終わらず
残業が増えるということだった。
ちなみに、みんなで早く帰れるよう早く帰るときは残りの子の仕事で手伝えることが
ないか確認しようという社内文化はあるが・・・A子のみ周りを気遣う気はないようだ。

そんな状況を僕も徐々に把握し、見かねて個別面談を何度かすることにした。
A子は少ないながらも電話を取るようになった。

そしてA子入社4ヶ月目、週一程度の頻度で病欠するようになった。
ほどなくしてA子から鬱病になったと報告があった。

療養の為3ヶ月の特別休暇が欲しいという。
ちなみに鬱病の原因は過去の職場の酷い経験が元で起こるフラッシュバック現象だそうで
今の職場に問題がある訳ではないということ。
(プレッシャーも少ない、残業も少ない、上司も優しい(自分で言うな!)こんな職場が
原因で鬱病になられてたまるか!)

考えてみた。

A子に3ヶ月の特別休暇を与えるということは

・残りの社員が3ヶ月間残業の嵐に晒されることになる。
・戻ってきても、鬱病前科のA子に電話を取れだのみんなの仕事を手伝って欲しいだの頼みにくくなる。
・3ヶ月後鬱病が治っている保証はないが、戻ってくる前提である以上別の人を採用できない。
・もちろん休職期間中でも社会保険等の会社負担経費はかかり続ける。
・事業部全体の作業量が落ちて攻めの戦略が取れなくなるので売上が落ちる。全員の冬の賞与が減る。

そもそも仕事をまだ覚えていないA子を待つ必要があるのか?
会社や同僚に貢献していないA子が必要なのか?

さっさとA子を解雇して別の子を雇った方が労働環境はホワイトでいられるのは分かりきっている。
社労士に聞いたところ、それでも会社としては正当に解雇はできないそうだ。

・仕事ができない社員
・全体の事が考えられない社員
を自由に解雇できない場合、こういった不良社員を採用してしまうと労働環境が悪化してしまう。
これは今回のようなケースでなく単に仕事ができない社員でも同じことだ。

洋画なんかではいきなり会社を首になり、当日そのままダンボールに私物を入れて会社を去るなんて
シーンがあったりするが、仕事ができない人が同じ職場にいるということはその職場の労働環境を
少なからずブラックにする訳だから、本気で日本をホワイトな労働環境の国にしようと思うならば
自由な解雇ができる制度に法律を変えていくべきだと思う。